本文へ移動

準会員 ソプラノ

山本舞
Yamamoto Mai
相愛大学附属音楽教室・相愛高等学校を経て、相愛大学音楽学部音楽学科声楽専攻卒業。同大学音楽専攻科声楽専攻修了。ザ・フェニックスホールにて修了演奏会に出演。
在学中、ミラノ・G.ヴェルディ国立音楽院シルヴァーナ・マンガ氏による海外研修に参加、ディプロマを取得。
相愛大学音楽学部 第24回学内オペラ公演《コジ・ファン・トゥッテ》にデスピーナ役、第25回学内オペラ公演《フィガロの結婚》にスザンナ役で出演。
沙羅の木会 北大阪支部主催 Family Concertにソプラノ独唱で出演。
2014年、アマチュアクラシックフェスティバル2014「KOSMA ピアノ・声楽コンクール in Osaka」音楽専攻クラス銅賞。2017年、第5回あおによし音楽コンクール奈良2017プロフェッショナル声楽音大生院生卒業生部門奨励賞。第20回長江杯国際音楽コンクール声楽部門一般の部A奨励賞。第18回大阪国際音楽コンクール声楽部門Age-U入選。大阪国際音楽コンクールファイナル同時開催ウィーン国立音楽大学教授クラウディア・ヴィスカ氏によるマスタークラス他、モニカ・ボッツォ、アンナ・マリア・フェッランテ、岡坊久美子氏のレッスンを受講。
声楽を泉 貴子、松原 友、西田 幸江の各氏に師事。
関西二期会オペラ研修所第55期本科修了オペラ公演《コジ・ファン・トゥッテ》ではフィオルディリージ役を演じた。
現在、関西二期会準会員。枚方演奏家クラブ会員。
 
2021年、ザ・シンフォニーホールNew Year Concert〜愛の喜びと悲しみ、それは音楽の歓び〜では指揮守山俊吾氏、シンフォニア・アルシスOSAKAと共演を果たし、枚方市総合文化芸術センターこけら落とし公演ともに好評を博した。
地元枚方を拠点とし、自身のリサイタル・コンサートをはじめ、0歳・乳幼児からの親子向けクラシックコンサート、その他依頼演奏にも精力的に取り組んでいる。
 
TOPへ戻る